2人だけの指輪を作ろう

男女の手

高品質も手に入れよう

結婚する2人が生涯ずっと身に付けるもの、それは結婚指輪です。人気ブランドの指輪も素敵ですが、毎日付けているものだからこそ他にはない自分たちだけの指輪を作りたいと思う人も多いのではないでしょうか。そんなお二人にはぜひ手作りの結婚指輪をお勧めします。手作りの指輪のメリットといえば、デザインなど自分たちのこだわりや好みを表現しやすいところにあります。もちろんそれも大きな利点ですが、実はそれだけではありません。婚約指輪などと違って一般的に宝石が付かない結婚指輪だと特にリングの幅や厚みなどを選ぶことで、高品質のものをより安い価格で手に入れることも可能です。工夫次第で高級ブランドと変わらない質の指輪を他にはないオリジナルで作ることができるのです。

どうやって作るのか

手作りの指輪の作り方はおおまかに2つに分けられます。一本の金属棒から指輪を作る方法と、鋳型を作って金属を固める方法です。結婚指輪に選ぶ人が多いプラチナ製のものは多くの場合鋳型を使うことが多いようです。鋳型はワックスなどでできた原型を自分たちで切ったり削ったりして作ります。熟練の職人さんたちが丁寧に教えてくれるので、いずれの場合も安心して作業を進められます。手作りの指輪を作る際に気をつけたいのは受け取りまでの時間です。金属棒から製作する場合は最短数時間、その日のうちに受け取れるケースも多いのですが、鋳型を使う場合には少なくとも1ヵ月、それ以上かかる場合が殆どです。お直しなどの可能性も考えて、挙式などの予定がある場合には遅くとも1ヵ月前までには受け取れるように工房などとコンタクトを取りましょう。