清掃と保存の方法

ウェディングドレスの女性

クリーニング店を探す

ウェディングドレスを着用した後は、レンタルなら店舗の指示に従っておきましょう。勝手洗濯してしまうと、余計に汚れがひどくなる場合もあるため、必ず確認が必要です。ただ、ウェディングドレスを購入しているというのであれば、クリーニングは必須です。特にガーデンウェディングなどを行なっているのなら、裾に泥や草が付いているため丁寧にやりたいです。その時に知っておきたいのは、一般的なクリーニング店に行くよりも、ウェディングドレスを専門に扱っている店舗でお願いするようにしておく、ということです。理由は、きれいにしてもらえるということだけでなく、その後の保存のやり方についても、アドバイスをもらえる可能性があるからです。

いろんな配慮が必要です

普通の衣服なら、クリーニング店から戻って来た場合、ホコリがつくのを防ぐために被せられているビニールは、基本的には取り除くように言われます。なぜなら熱がこもってしまい、水蒸気が発生し、カビが生える原因となるため、湿気を取り除いてからタンスに収納しなければなりません。ところがウェディングドレスでは少し事情が違い、店舗によっても変わるのでしょうが、中には真空パックを施してくれるところもあるので、そのまま保存できて便利です。太陽の光や蛍光灯が当たらないようにしておくことで、変色したりするのを避けられます。再びウェディングドレスを使用するのなら、スチームアイロンをかけて、シワを取り除くようにしておくと良いでしょう。